週報:2020/07/06~2020/07/12

先週サボってた。

リングフィットとフィットボクシングあんまやってない

アレのせいでジムにいけなくなってから、室内で運動するためにニンテンドーswitchリングフィットアドベンチャーとフィットボクシングを買ってやっていたりしたのだが、最近は普通に外でジョギングしたり、家の中で自重トレーニングをやったりしている。俺は別にガチムチになりたいわけじゃなくて、革ジャンが似合うように体型を維持をするために運動をやっているので、それくらいで十分だ。あと、ジョギングとかだったら音楽、ラジオ、オーディオブックを聴きながらやれたりするので、こちらの方が効率がいいよなー、と思ったりしている。

何よりも外でジョギングしたりすること自体がリングフィット/フィットボクシングをするよりも楽しい。リングフィット/フィットボクシングも楽しいっちゃあ楽しいんだけれど、それをやることによって得られる効果を目的としているのがなんかなー、って思ったりもしている。行動によって得られる効果を目的とするよりも、その行動自体が目的とされている行為を俺はなんとなく「崇高である」と思ったりしているんだけれど、ビデオゲームというのはそれの最たるものである。しかし、リングフィット/フィットボクシングはそれらに反するものであり、ある意味「反ゲーム的なゲーム」ではないのだろうか。

チキンカレーを極める

f:id:xKxAxKx:20200712181408j:plain

最近、毎週末カレーを作って食べている。少し前まではカレー粉・スパイスではじめる 旨い! 家カレーを参考にして、市販のカレー粉から作っていたんだけれど、スパイスを買い揃えて作っている。一度買ってしまえば、混ぜたり炒めたりするだけで作れるので楽。んで、自分でも言うのもなんだが、かなり良い感じになってきた。もっと極めていくぜ。

聴いている音楽

夏はレゲエ、ダブ、そしてスカ。っつーわけで、最近その類、特にスカをよく聴いている。10代の頃はスカっつーと、スカコアとかが好きだったんだけれど、ここ数年はルーディーなやつとか2トーンっぽいスカばっか聴いているのはやっぱ歳くったから、なんだろうか。

週報:2020/06/22~2020/06/28

阪神タイガース

f:id:xKxAxKx:20200629003115j:plain

打てない、打たれる。来週からJリーグが再開するのでヴィッセル神戸に切り替えていく。

箸の持ち方マナーについて

ダ・ヴィンチ・恐山氏のツイートがちょっとだけ話題になってた。まあ、このツイートに関する意見は特にないんだけれど、個人的に思うこととして「正しい箸の持ち方」と「ビジネスマナー」というのは等値ではないと思っている。

「正しい箸の持ち方」というのは元々は別にマナーとかそういうのじゃなくて、「メシが一番食べやすい箸の使い方」だと思っている。たとえば、バスケのシュートフォームとかで「正しいシュートフォーム」みたいなのはあるんだけれど、それは単純にゴールを決めることができる確率が一番高いから正しいとされているだけ。そんで、正しいシュートフォームじゃないからといって、得点決めてれば別に誰に何も言われない。ただ、全然ゴール決められてなかったら、正しい方に矯正される。箸の持ち方もそれと同じだと思うんだけれど、正しい箸の持ち方じゃないからといって、ちゃんとメシ食えているんだったらやいのやいの言われる必要ねーんじゃねーの、って思ったりはする。

とか言いつつも、自分の子どもが変な箸の持ち方をしてたら多分注意しちゃうだろうし、めちゃくちゃ好みの異性がすげー汚い箸の持ち方してメシ食ってたら「うーむ」と思っちゃいはするだろうなあ...。そう考えると俺もマナーの呪縛に絡まれてはいるんだなー。

キッチン南海

f:id:xKxAxKx:20141009145531j:plain

キッチン南海の神保町本店が閉店した。建物の老朽化が原因で、まあ、確かにぼろい建物だったから仕方がないなー。ただ、料理長の中條氏が同じく神保町で暖簾分けの店舗を開店するのであの味はまだまだ食べることができそうだ、と安心はしている。

このブログでも前に書いたけど、キッチン南海の神保町は俺が東京に来て初めて食ったメシだ。受験のために東京に来た時に当時、東京で単身赴任していた親父に連れて行かれて「うんめー」となった。それ以来、今に至るまでしょっちゅう通っていた。んで、キッチン南海っつーと、カツカレーが有名だけれど、実は俺はカツカレーをそれほど食べたことがなくて、最初に食べて魅了されたチキンカツ/しょうが焼き定食(通称、盛り合わせ)かヒラメフライを食べることがほとんどだった。

どうでも良い話だけれど、学生の頃はキッチン南海では色黒のチャキチャキのねーちゃんが給仕をやっていたんだけれど、2chで「悪魔」って言われてたの思い出した。

週報:2020/06/15~2020/06/21

プロ野球、開幕

いやー、ついに開幕しましたねぇ。皆さんやってますか!!???阪神ファンの俺としてはやはり何は無くとも今年加入した新外国人のボーアである。メジャーでのなんとも言えない実績、白人の強打者、なんとなーく頼り甲斐のない面構え、オープン戦で左ピッチャーから全く打てない活躍、かと思えばホームランを連続で打ったり、バッティンググローブを使わず素手でバッティングするスタイル。どうなるやろうなー、と不安であったのだが、やはり期待通りであった。



『天気の子』


レンタルが開始されていたので、劇場公開初日以来おおよそ一年ぶりくらいに見直した。やはり様々なところで言われているけれどゼロ年代の「セカイ系」的な文脈、もっと言うとエロゲ的な文脈というのがめちゃくちゃつえーなー、と感じた。そんでそういうのがやっぱりなんだかんだで好きな俺なのである。ただ、やっぱり今見ても『君の名は』のキャラクターをガッツリと登場させたのは納得いかねぇ...。ただ、もし仮に次の作品が『天気の子』で帆高が選択した世界線を舞台にしてたらめっちゃすげぇし、許す。

はい。



『タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら』

観た。「そうはならへんやろ」という出来事が連続しまくる、ちょっとスプラッタが入ったコメディ映画。血がドバドバ出まくったりするんだけれど、別にグロかったりはしない、ソファでだらだらしてビールを飲みながら観るにはちょうど良い感じだったように思う。オチも最初っから「まあ、そうなるよなー」みたいなわかりやすい感じ。ただ、友達が全員アホみたいに死んでいった事件の翌日にボーイリングに行けるヒロインのメンタルはハンパねー。



『泣きたい私は猫をかぶる』

nakineko-movie.com

観た。めちゃくちゃ身も蓋もないことを言うと、最近の新海誠の映画が持つボーイミーツガールのエモみみたいな部分とジブリ作品(特に宮崎作品以外)が持つキャッチーな面のええとこどりをしたような映画。別に面白く無いワケじゃ無いし、楽しんで観ることができたんだけれど、そういう部分がどーしてもちらちらと見えてきてしまったのは、まー、これはどうしようもない。

主人公ムゲのキャラクター付けにうーむ、と思う部分があったり...というか、猫の時の日之出とのやり取りを、人間状態の時に相手がそれを知っている前提で接するのはフツーにやばいでしょ...とか思ったりもしてしまった。あと、岡田麿里が脚本だけど、めちゃくちゃストレートに仕上げてきたなあ、とも思った。キャラデザは好き。なんか『ヨコハマ買い出し紀行』っぽい。

そうそう、この作品は元々劇場公開の予定だったみたいなんだけれど、COVID-19の影響でNETFLIXでの配信になったみたい。それ以前に存在も知らなかったから、配信されてなかったら観ていなかっただろうなー、と思うと同時に、これからこういう形での作品公開、というのはますます増えていくだろうな、と思う。



今週よかった音楽

今週は全然新譜聴いてないっすね...。

週報:2020/06/08~2020/06/14

仕事

これになってた。

DBスキーマ設計にしてもゲームではあえて正規化しない、という話を聞いていたのだが、いざ目の当たりにすると「マジかー」ってなる。しかし、俺のようなWEB -> ゲームという渡り歩き方ならまだ良いけど、逆だったらめちゃくちゃになっちゃうような気がする。



『バック・トゥ・ザ・フューチャー』

金曜ロードショーで放送されていたバック・トゥ・ザ・フューチャーの実況に興じていた。Twitterでも書いたけれど結構カットの仕方が雑だなあー、と思ったりした。特にロレインがマーティーを誘いにくるシーンとかカットしたらワケわからんくならんか?と感じた。

BTTF、多分生まれて初めて観た洋画、な気がする。それともダイハードだっけなー。ちゃんと覚えていない。



『ゾンビ』

ゾンビ 米国劇場公開版<HDリマスター版> [Blu-ray]

ゾンビ 米国劇場公開版<HDリマスター版> [Blu-ray]

  • 発売日: 2013/12/20
  • メディア: Blu-ray

観た。ゾンビ映画の古典オブ古典。やはり、今見ると至る所で「B級だなー」と感じるのだが、それが逆に良くて、まさにA級のB級映画だなと思う。きっちりとドキドキするシーンはドキドキさせられるし。

しかし、ゾンビ映画にありがちではあるんだけれど、登場人物の行動に対して納得いかねーって思う部分が多い。劇中内の台詞を引用するなら「ネジをちゃんと締めろ!」ってところだ。まあ、そういうのが無いとピンチに陥るシーンを作れないのはわかってはいるんだけれど、イライラするところではあるな。

ラストがゾンビぶっ倒して人間の世界に平和がもたらされました、めでたしめでたし、みたいな感じじゃ無いのがよかった。



『デッド・ドント・ダイ』

longride.jp

観た。まさかジム・ジャームッシュがまさかゾンビ映画撮るとは思わなかった。そんで、ジャームッシュらしからぬくらいの娯楽性に富んだ作品だったと思う。とはいえ、その娯楽性というのはゾンビ映画っぽいドキドキハラハラ、というわけではない。どちらかというともっとコメディ寄りであると感じた。

めちゃくちゃわかりやすいメタネタ(アダム・ドライバー演じるロニーがことあるごとに「まずい結末」になる、と言ったりその理由が「台本で読んだ」だったり、車のキーにスターウォーズのキーホルダーがついてたりetc)が個人的には結構好きだったなー。あと、イギーポップがゾンビで出てくるのだが、めちゃくちゃハマり役であるように思った。ただ、UFOが出てくるのは意味がわからん。そして、意味がわからんけど好き。まあ、全体的にシュールな感じなホラーコメディー。

総合的にみて、俺が好きな類の映画であったように思う。ただ、ラストのクリフ(ビル・マーレイ)とロニーが大量のゾンビと対峙するシーンで、トム・ウェイツ演じるホブにだらだらと物質主義がどうのこうのといった消費社会に対するアンチテーゼのようなことを喋らせるのは完全に蛇足じゃないかなー、と思った。あと、少年院の少年少女たちは結局どうなったの?



ポークビンダルー作って食べた

f:id:xKxAxKx:20200614182346j:plain
初めて作ったのだが、我ながら激ウマ。




今週よかった音楽

週報:2020/06/01~2020/06/07

2020/06/01 Mon

新しい職場での初出社日、色々手続きがあるので出社する。近所に好きなラーメン屋が4軒もあるので非常に危険である。と言っても、今月はほとんど出社する機会はないのだが...。PCのセットアップをやったり環境構築をしたりコードを読んだりする。それから、俺が参加するプロジェクトの状況やスケジュール等を含めた詳細を聞いたりする。それを聞いた感想を某所で書いた。
f:id:xKxAxKx:20200607232005p:plain

プロジェクトメンバーと昼飯を食べたりした。なお、100何人いる会社なんだけれど、10人くらいが来てたくらいだった。



2020/06/02 Tue

新しい職場、、、だが仕事をするのは結局家。あと、まだissue等も振られていないので、ひたすらコードを読む。仕事で使ったことのない言語だし、アーキテクチャもこれまでやってきたMVCではないので、なかなか読み取るのに苦戦する。


シャニマスの漫画やイラストを書いている人、たくさんいるのだけれどこの人が一番好きだ。



2020/06/03 Wed

自宅マンションが断水なので、仕方がなく出社する。Twitterで電車がめちゃくちゃ混んでる、という情報を得ていたので、戦々恐々していたのだが、出社時間が遅くてラッシュにハマらないせいか、全然混んでなかった。座席も空いていたのだが、隣同士で座るのに抵抗があり、突っ立っていた。Suicaにチャージしようとしたら、エラーが発生していた。俺だけかと思ったら、全員そうだったっぽい。


とんかつ喰った。普段、めちゃくちゃ混んでいる店みたいだが、まだ周囲の会社も出社している人間が少ないっぽいからシュッと入れた。
f:id:xKxAxKx:20200603131810j:plain


Twitterみて、マシーナリーとも子の行動力すごい、ハンパない、見習いたい、と思った。



2020/06/04 Thu

マジで一日中コード書いていた。慣れていないアーキテクチャ&言語なので「いつも使ってた言語だったらもっとシュッと実装できるのにクソー!」などと思ったりする。


好きな絵。



2020/06/05 Fri

この日も一日中コード書いていた。PR出すまであと一息だったのだが、確認したい事項が定時後に発生し、仕方がなく来週に持ち越す。お疲れ様でした。久しぶりにマルッと一週間働いた。前職はアプリ開発で今回はゲームだが、結局要件から設計して、それをコードに落とし込む、というのは全く一緒で、ユニコーンの『大迷惑』でいう以下のような感じかなー。

枕が変わっても やっぱりするこた同じ



2020/06/06 Sat

寝起きでTwitterみて、このツイートが流れてきて笑った。


観葉植物を買おう、という話になり、久しぶりにカミさんと出かける。ラーメンを食べたりする。そして、ピンとくるやつがなくて結局目的だった観葉植物は買わず。
f:id:xKxAxKx:20200606142356j:plain


帰宅後、荷物が届く。前職の同僚たちから送別プレゼント。ありがたや。実は買おうかなー、でもいらんかー、とカミさんと話していたブツである。これくらい「ちょっと欲しいけど、自分で買うのもなんかなー」くらいのものをプレゼントでもらえるのが一番うれしい。というか、ちょうどいいのかもしれないな。
f:id:xKxAxKx:20200606191946j:plain


カミさんが数年前に買って途中までプレーしていたペルソナ5。急に気持ちになったので、イチからプレーを始める。


『イエスタデイをうたって』をリアタイで見る。漫画の時もそうだったけれど、今みるとやっぱ榀子くそめんどくせぇって思う。けど、やっぱり中学生の時に初めて読んだ漫画だからだろうか、リクオも榀子もいまだにすげー年上に思えてしまう。そしてEDがまた変わって、RCサクセションの『イエスタデイをうたって』のカバーになってた。



2020/06/07 Sun

めちゃくちゃ掃除する。色々とノイズの多い家だったんだけれど、そういうノイズになりそうなモノとかは一箇所にまとめたり、いらんものは捨てたりして、かなりすっきりした、ように感じる。オタクのモノも家の色んなところに点在していたのだが、まとめたりなどしたら、秋葉原のレンタルケースみたいになっちゃった。
f:id:xKxAxKx:20200607132300j:plain


前々から気になっていた『スキップとローファー』を買って途中まで読む。良い漫画だ。癒される、とは違うんだけれど、登場人物があまりにも「善」すぎるので、自分もその「善」な気持ちになってしまうというか。


注文してた服が届く。わー、かっこいー、と思ったりするんだけれど、全然出かけ無いので、あんまり着る機会ないんだよなー。色違いも欲しい。
f:id:xKxAxKx:20200607235054j:plain


あとはひたすらペルソナ5やった。