金をかけなくても十分幸せだ論は害悪


おれは上野千鶴子が言うような「賃金が上がらないといっても、外食せずに家で鍋をつついて、100円レンタルのDVDを見て、ユニクロを着ていれば、十分に生きて行けるし、幸せでしょう? 」的な論*1はマジで害悪でしかないと思っていて、それは上に挙げたツイートの通り、本当に「そうせざるを得ない層」にとって呪いや抑圧の言葉にしかならないと思っているからだ。この論を突き詰めると「貧乏人は貧乏人らしく何も望まず、最低限の暮らしをしていけ。それで十分幸せだろう?」という話になると思う。っていうか、「十分幸せになれますよね」って何様なんだよ。本人にとってはそうなのかもしれないけれど、他人の幸福を勝手に手前で定義してんじゃねえよ。金が無いからできない事はたくさんある。そして貧困層の人が金が無いことを理由に断念せざることを得ないことだってたくさんあるだろう。そういう実態があるであろうことは容易に想像がつくことにも関わらず「いやー、金なくても十分やれることいっぱいあるしそれで幸せっしょ」ってお前ふざけんじゃねー、っておれは思う。生活保護で文化的な活動に金をかけることの批判(というか中傷だよ)なんかもこういう考えが根底にあると思っていて、マジでクソ以外の何物でも無い。

kill your 2018

振り返りたくない 考えたくもない
涙はいらない 即死でたのむぜ


kill your music

f:id:xKxAxKx:20181006170402j:plain
今年は全然新しい音楽聴かなかった。これは今年気づいた、というか今まで気づいていたにも関わらず、無視していたと言った方が正しいのだが、おれの生活おける音楽のプライオリティが相当に低くなっている。あと、大学生の頃は(などと語り出すと如何にもおっさん臭くて嫌になるのだが)得た金全てを音楽に費やすような生活をしていたが、今となってはそんなことはない。というのも、今はSpotifyとかApple Musicに1000円くらいの金額を払っていれば、大抵の音楽を聴くことができる。これはめちゃくちゃ便利なのだが、一方でカネを払わなくなったことによって、扱いが雑になってしまったような気がしている。あと、単純に自分で音楽やらなくなってだいぶ時間が経ってしまったのがデカい。6年くらいやってないか。やべえな。おれ自身に音楽を取り戻すにはおれ自身が音楽にならなければならないのかもしれない。まあ、そう言いつつも別に音楽を取り戻す必要性なんて無いといえば無い。たまにグッと来て、たまに泣かせてくれて、たまに驚かせてくれたら、それで十分だろう、と思う。


kill your football

f:id:xKxAxKx:20180303141203j:plain
今年も俺が住んでいた街のサッカーチームはタイトルを獲ることができなかったし、ACLへの出場権を獲得することも叶わなかった。大金をはたいて世界的なプレーヤーを獲得しても、結局のところ中位に落ち着いて、その姿を見て、他のチームの連中は笑ってくるが、おれはおれが応援しているチームがどんな手を使ってでも頂点に立とうとする限りは支持するし、来年、いや、向こう10年笑うのはおれたちだと信じているし、今はそのための過程でしかないとも思っている。しかし、そういう過程においては別れもある。19年もの間、屋台骨として身を粉にして来たプレイヤーもいなくなった。主将を務めていた19番の選手もどこかにいっちまった。転がっていくためには必然だけれど、前者の彼がFC東京戦でディエゴオリヴェイラを完全にシャットアウトしたディフェンスや、後者の彼がマリノス戦で見せた逆転ゴールは素晴らしかった。もちろん、磐田戦のイニエスタのターンや、川崎戦での三田のダイレクトボレーも最高だ。つまるところ、神戸のユニフォームを着た選手が魅せる心を突き動かすようなプレーは全ておれにとってベストでしかない。たとえ、ついて来た結果がベストなものじゃなかったとしてもだ。



kill your internet

f:id:xKxAxKx:20181211165925j:plain

ああしなさいとか こうしなさいとか もううんざりだよ
ああしなきゃとか こうしなきゃとか もううんざりだよ


何が正しいか知らない 何が楽しいか知ってる
何が正しいか知らない 何が楽しいか知ってる


そうして僕らは立ってる 生乾きのパンツを履き
居心地悪そうにしてる


ありもしない普通だとか ありもしないまともだとか
幻のイメージの中


まったくダセーよ


この日記は2018 Advent Calendar 2018の12日目の記事として書かれました。昨日はhysyskさん、明日はtakawoさんです。