マンハッタンとか

先日書いた通り、ニューヨークに行っていた。今回の旅行は3泊5日というスケジュールで街を巡ることができたのは実質二日間だけ。カネはあっても、時間は取れない会社員の悲哀。まあ、おれはカネも無いのだが。本当ならMoMAやメトロポリタン博物館などのミュージアムにも色々と訪れたかったし、行きたい場所もたくさんあったのだが、あきらめた場所も多い。ハーレムとかハイラインとか。あと、レコード屋にも行きたかったんだが、ブルックリンのラフトレードくらいにしか行けなかった。今回は行けなかったところは、今度行こうと思う*1。今日はマンハッタンについて。



マンハッタンと言えば、ミッドタウン、そしてタイムズスクウェア、というのがベタな感じだが、おれは何だかんだでベタ好きなので行ってみた。宿泊しているホテルから一駅くらいであるし、歩いても行けた。日中にも行ったし、夜にも通りがかったのだが、とにかく人が多い。そして、広告の嵐。「広告塔」という言葉を比喩的に使ったりするけれど、タイムズスクウェアにある建物は正に文字通り「広告塔」だった。東京の都市圏でも広告が多いが、派手さとかカネのかけ方のレベルが違った。ただ、雰囲気としては渋谷のスクランブル交差点っぽいな、と思った。もちろん規模や煌びやかさのレベルは違うのだが、雰囲気としては似たようなものを感じた。身も蓋もないことを書くけれど東京に住んでいる人が行ったら「まあ、こんなもんか」という風に思うんじゃないだろうか。そして、おれもそう思った。暴力的ともいえるような情報量はすごかったけれど。



5番街。こちらはタイムズスクウェアから徒歩で5分程度。カミさんの家族からNBAグッズを買ってきて、というリクエストがあったのでここにあるNBAショップで買い物をするために通ったのだが、タイムズスクウェアが渋谷だとすれば、こちらは銀座。身も蓋もないことを書く(二回目)と、ぶっちゃけ東京に住んでいる人は別に行かなくてもいいかな、という感じだ。ショップとかもだいたい東京にあるような店ばかりだったしなあ。そして、肝心のNBAショップはあんまり品ぞろえが良くもない、という。



セントラルパーク。都会のど真ん中のクソデカい公園。朝に訪れたのだが、事前の知識と同じくランナーが多かった。あと、良い犬を連れている人が多い。桜も咲いていたり良い雰囲気だ。ブラブラしながら写真を撮ったりしていたら、辿り着いたのはストロベリーフィールズ。ここにはジョンレノンの記念碑がある。別にここにジョンの墓があるわけではない。ピースマークの形で花とかを飾ったりしている写真とかを何度かみたことがあるけれども、この日は特に何も装飾されたりはしていなかった。そばのベンチでギターを持ったオッサンが何かを唄っていたり。あと、ここからすぐ近くにジョンが射殺されたダコタ・アパートがあるのだが、そこは工事中だった。ところで、ストロベリフィールズという場所が元々あって『ストロベリーフィールズ・フォーエバー』という曲が作られた、と思っていたのだが、実際はその逆で曲の方が先らしい。



夜景。こないだも写真のっけたやつ。トップオブザロックとエンパイアステートビルの二箇所がマンハッタンの有名な夜景スポットらしいのだが、おれは前者に行ってきた。割と遅い時間に行ったのだけれど、結構な人がいた。セキュリティーも厳しい。そして、上に登ったら風でクソ寒い。まあ、THE摩天楼という感じで綺麗なのだが。そういえば、『ラブライブ!』の映画でこの場所が出てきて、そのシーンで「ここは秋葉原に似ている」的な台詞(もはや暴言)が飛び出すのだが、当時おれはそれをみながら「それは無理あんだろ」と思ったのだが、ニューヨーク来てみて思ったのはやっぱり全然似てないってことだ。あと、ここの近くにアイススケート場があるのだが、『ライ麦畑でつかまえて』に登場するスケート場はここなのだろうか。



グラウンドゼロ。現在は新しいワールドトレードセンターが建てられている。写真のやつ。たしか、完成したのは去年だか一昨年だっただろうか。このタワーのほかに何棟か建設予定のようだ。事件から15年近くが経過しているが、その爪痕のようなものは垣間見える。倒壊した二棟の跡地は現在、祈念のプールになっている。この近くには9.11の資料館的なミュージアムがあったのだが時間が無くて立ち寄らなかった。今思えば行っておけばよかったかな、と思っている。世界情勢の転換のド真ん中だと思うので。


チェルシー。ここは単にブラブラしただけ。カメラをホテルに忘れたので写真も撮ってないな。チェルシーホテルを見てみたかったのだが、事前にリサーチしていなかったので、どこにあるか分からんかった。まあ、おれはシド・ヴィシャスのガールフレンドであるナンシー・スパンゲンの死体が見つかった場所、というくらいの知識しかないのだが。なんとなく、イメージだけでここらへんにはレコード屋とかあるんじゃないか、と思ったのだが、とりあえずおれが通った道には無かった。探せばあるのかも。


さて。マンハッタンに関しては冒頭でも書いた通りスケジュールの都合もありディープなスポットに行くことができず、ある意味教科書通りのところしか行かなかった。そんで、教科書通りの場所というのは東京に住んでいる人だったらはさして物珍しいところはほとんどない。もちろん、しょうもない、というわけでは無い。刺激も受ける。だけど日本の都会に住んでいる人は絶対もっとディープな場所に行った方が楽しめるし、より刺激を受けるポイントがあるんじゃないだろうか。まあ、そういうとこに行っていないおれが言うのもなんだけれど。

*1:と言っても、思い立ってすぐ行ける場所でもないが

広告を非表示にする