埋火『ジオラマ』

ジオラマ

 今日の通勤音楽。2011年リリース。バンド名は「うずみび」と読む。埋火は前作の『わたしのふね』でその存在を知った。地元に帰っていた時にタワレコでたまたま試聴したら、それがすごく良かったのでそこから好きになったバンド。所謂「うたもの」と言われるようなジャンルの音楽で純真無垢なメロディーが少しサイケデリックで浮遊感のあるバンドサウンドに乗っかる。『わたしのふね』はド直球なうたものだったと思うのだけれど、この『ジオラマ』はもうすこしバンド感が強い。ミシオさんのたまに顔を見せるファズギターも非常によろしくて、おそらくゆらゆら帝国あたりが好きな人はすげえ好きだと思います。かくいう俺もゆらゆら帝国は大好きですが。ノイズもあったりと、ちょっとアヴァンギャルドな面も見え隠れする。とはいえ、やはりこのバンドの軸はあくまで「うた」でして、曲を聴いている、っていうより歌を聴いている、っていうのがしっくりくる。ちなみに昨年解散してしまいましたが、中心メンバーのミシオさんは現在も音楽やっていて、MANNERSというソロユニットをやっている。サポートメンバーとしてex.ゆらゆら帝国亀川千代が参加したりしている。また、モーサムの百々のソロでもギター弾いたりしている。

 そうそう。このアルバムのリードトラックがtr1の"溺れる魚"という曲なんだけれど、この曲はPVが作られていて、俺はそのPVがめちゃくちゃ好きです。貼っときますので、暇な人は是非どうぞ。

広告を非表示にする