読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014年 邦楽ベストトラック10選

音楽 まとめ

年の瀬、ということでいろんな人が今年のいろんなランキング、みたいなものを書いている。本だったり、映画だったり、買ったものだったり。なので、僕も「今年聴いて良かった曲」のランキングを。ただ、これ毎年の事なんだけれど、あんまり新譜、新曲は買ったりしないんだよなあ。中古で安レコード買い漁ったり、旧譜を買ったりに終始している。なので、手駒(?)が少ない中でこういうのを発表するのは憚れるのだけれど、とりあえず書いてみます。分かってると思うけれど、完全に個人的な趣味に偏ったランキング。あと、貼り付ける用の音源はあったりなかったり。

今年は全然洋楽チェックしていないんで、邦楽限定にさせてもらいます。


10.銀杏BOYZ "ぽあだむ"

特にゴイステも銀杏も思い入れは無いし、ライブも見たことは無い。けど一応音源はチェックしていたんだけれど、今年リリースされた『光のなかで立っていてね』は聴いてビックリした。え、これが銀杏!?って感じで。けど、良かった。そんで、その中でもこの曲が一番良かった。


9.SIMI LAB "Circle"

個人的にSIMI LABは前のアルバムの方が好きだったのだけれど、セカンドに収録されたこの曲は良かった。リリックも良い。トラックのサックスは菊地成孔


8.T.V.not January "くらしあんしん"

僕が好きになる写真や文章は「生活感があるもの」なんだけれど、音楽もそういうのが好きだ。そして、このT.V.not Januaryの音楽も生活感にあふれている。アコースティックな音と全員が唄うスタイルがすごく好き。この曲はToosmell Recordsがリリースしたコンピに収録されている曲なのだけれど、名曲。

<音源なし>


7.でんぱ組.inc "サクラあっぱれーしょん"

でんぱ組は"ちゅるりちゅるりら"とか"でんぱーりーナイト"も良かったのだけれど、らしさという意味ではコレかなあ。直球に見せて変化球、という曲は多いけれど、この曲は変化球に見せて直球っぽい。


6.くるり "Liberty & Gravity

ロックだとかオルタナティヴだとかエスニックだとかどーのこーのではなく「音楽」っていう感じの曲だと思う。変な曲、って言われているけれど、言うほど変じゃない。


5.VVORLD "Out Of Control"

まだ、正式リリースされていない音源なのだけれど、これはめちゃくちゃヤバイ。ハードコア聴いていて久しぶりにキた。ライブ観てえ。無料DLできるので是非。


4.Joseph eats a snail "From Summer"

これホントはリリースされたの去年かもしれない。調べてもよく分からなかった。前にも記事書いたけれどこの曲ホント素晴らしい。透明感とかエヴァーグリーン感っていうんですかね。そういういい意味で「青い」感じにヤラれた。


3.坂本慎太郎 "ナマで踊ろう"

今年リリースされた坂本慎太郎のセカンドのタイトルトラック。地を這いずり回ったようなトロピカルサウンド、とでも言えばいいんですかね。やっぱすげえや、この人。


2.tofubeats "ディスコの神様"

これやっぱいいよなー、と。コラボに選んだ相手が藤井隆、というチョイスも絶妙だと思う。音楽シーン的には今年を象徴する一曲のような気がする。


1.東京スーパースターズ "シマネ"

2014年の個人的なベストトラックはコレ!ホンッッットに良い。ノスタルジックな歌詞と唄、沸点の高いバンドサウンド。全て最高。



以上です。今度はベストアルバムを書きます。