読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原因不明?Amazon閲覧中に突然気絶する症状について

今月7日未明、東京都在住のKさん(28)はインターネットにて大手通販サイト「Amazon」の閲覧中に突然気絶。意識を取り戻した際には時すでに遅く、下記の品物の注文が確定された状態だった。

OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8  ブラック

OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 ブラック


Kさんは5年前より同様の症状を訴えていたが、今年に入り頻度と損失金額が徐々に増すようになった。不安に感じたKさんは都内の病院にて診察を受けたところ重度の「急性密林性意識消失発作症候群」と診断された。現在、Kさんは隔離病棟にて治療中である。

急性密林性意識消失発作症候群はここ数年、若年層や中年層を中心に広く流行している疾病で、飲酒中及び深夜にAmazonを閲覧していると突然気絶するという症状を持つ。また、意識を失っている最中に高額の注文を繰り返す、という大きな特徴がある。中には一度の気絶で130万円もの注文を確定させたケースもある。現段階では原因は不明ではあるが、日頃のストレス及び生活習慣との大きな関連性が疑われている。また、治療方法も確立していないため、今後の研究が急務である。

厚生労働省は飲酒中及び深夜にAmazonを閲覧しないことを広く注意を呼びかけるとともに、配送が確定したケースについてはすみやかに配送先に届けるよう全国のヤマト運輸、佐川急便に求めている。