週報:2020/06/22~2020/06/28

阪神タイガース

f:id:xKxAxKx:20200629003115j:plain

打てない、打たれる。来週からJリーグが再開するのでヴィッセル神戸に切り替えていく。

箸の持ち方マナーについて

ダ・ヴィンチ・恐山氏のツイートがちょっとだけ話題になってた。まあ、このツイートに関する意見は特にないんだけれど、個人的に思うこととして「正しい箸の持ち方」と「ビジネスマナー」というのは等値ではないと思っている。

「正しい箸の持ち方」というのは元々は別にマナーとかそういうのじゃなくて、「メシが一番食べやすい箸の使い方」だと思っている。たとえば、バスケのシュートフォームとかで「正しいシュートフォーム」みたいなのはあるんだけれど、それは単純にゴールを決めることができる確率が一番高いから正しいとされているだけ。そんで、正しいシュートフォームじゃないからといって、得点決めてれば別に誰に何も言われない。ただ、全然ゴール決められてなかったら、正しい方に矯正される。箸の持ち方もそれと同じだと思うんだけれど、正しい箸の持ち方じゃないからといって、ちゃんとメシ食えているんだったらやいのやいの言われる必要ねーんじゃねーの、って思ったりはする。

とか言いつつも、自分の子どもが変な箸の持ち方をしてたら多分注意しちゃうだろうし、めちゃくちゃ好みの異性がすげー汚い箸の持ち方してメシ食ってたら「うーむ」と思っちゃいはするだろうなあ...。そう考えると俺もマナーの呪縛に絡まれてはいるんだなー。

キッチン南海

f:id:xKxAxKx:20141009145531j:plain

キッチン南海の神保町本店が閉店した。建物の老朽化が原因で、まあ、確かにぼろい建物だったから仕方がないなー。ただ、料理長の中條氏が同じく神保町で暖簾分けの店舗を開店するのであの味はまだまだ食べることができそうだ、と安心はしている。

このブログでも前に書いたけど、キッチン南海の神保町は俺が東京に来て初めて食ったメシだ。受験のために東京に来た時に当時、東京で単身赴任していた親父に連れて行かれて「うんめー」となった。それ以来、今に至るまでしょっちゅう通っていた。んで、キッチン南海っつーと、カツカレーが有名だけれど、実は俺はカツカレーをそれほど食べたことがなくて、最初に食べて魅了されたチキンカツ/しょうが焼き定食(通称、盛り合わせ)かヒラメフライを食べることがほとんどだった。

どうでも良い話だけれど、学生の頃はキッチン南海では色黒のチャキチャキのねーちゃんが給仕をやっていたんだけれど、2chで「悪魔」って言われてたの思い出した。