20200226

昨日、コード書く以外の仕事上暗黙的に必要とされている様々なスキルについてブレストしてみる - @stefafafan の fa は3つですという記事を読んで、「これらのスキルを上手く発揮するために、自分たちが面倒見ているサービス/ソフトウェアについての設計、仕様、その成り立ちについての知識がどれだけあるか、というのが重要だと思っている」というブコメを書いたんだけれど、その補足というか、自分なりの棚卸しというか。例えば、ディレクターなりプロダクトオーナーなりから、こういう要件で新しい機能を追加したいという要望があって、それに関して会議とかでコミュニケーションを取るとする。んで、これが例えばめちゃくちゃ強いエンジニアだとしても、そのシステム、サービスの設計や仕様をつぶさに把握していなければ、そのコミュニケーションというのは上手くいかないと思うんだよな。上手くいかないというか、見落とす部分が絶対にあると思う。むしろ、それほど強くないエンジニアだとしてもそのシステム、サービスについて深く知っていれば、あらゆる観点から提案もできれば、その要件自体の開発ができる/できないのジャッジが正確であると思うし、それらに基づいてコミュニケーションするほうが最終的にはうまくいくと思うんだよなー。そして、これは普段、仕事をしながら常々思っていることでもある。今の会社で2年近く働いているけれど、それなりに大きいサービスを開発しているので、なぜそういう仕様になっているのか未だに知らなかった部分や気づけない部分が多少なりともあるので、もっとこうしたほうがいいんじゃないかとか、こういうことを考慮しないとダメだよね、みたいな、そういう細かい部分の観点を持ったコミュニケーションがまだまだできてないなあ、と思う。それにチーム開発における、コードレビューに関してもそのPull Requestでの差分に関してはLGTMだとしても、自分が知らない部分で実は影響が発生しているかもしれない、という不安は常にある。ただ、その不安は常に持っておいたほうが良いものでもあるとも思う。いずれにせよ、コミュニケーション能力やチーム開発でお互いを支え合うといった、いわゆるヒューマンスキル的な部分は必要だけれど、そのベースとなる前提の知識も不可欠であると俺は思う。そうじゃないと、いくらめちゃくちゃコミュ力が強かったり、チーム開発に向いていた人間だとしても、言動に説得力がなくなるしなー。


2ヶ月くらい放置していたのだが、NETFLIXでウィッチャーの4話を見た。途中で見ていて、よくわからんぞ、と思ったのだが、どうやら時系列が色々入り混じっているみたいだ、ということに気づいた。しかし、私的海外ドラマあるあるなのだが、登場人物の顔と名前が全く一致しない。このドラマでいうとゲラルトとシリくらいしか顔と名前が一致しない。見ていけばそのうち慣れるだろう、と思うかもしれないけれど、4シーズン見た「ストレンジャー・シングス」でも誰一人名前がわからんかったりする。