時間、質、ラ王二郎

仕事する時において何を重視、美徳としているか、というのは人によって分かれると思う。俺の場合は「十分な質の良さを保った上で関係者の予測よりもだいぶ速いスピードでタスクをこなす」ということを結構重視している。これが達成できると「よくやったな」という気持ちになれる。で、今日はそういう事ができたので良かった。まあ、そんなに難しい仕事ではなかったんだけど。

ところで「時間と質はトレードオフ」みたいなことを言ったりするけれど、これは完全に嘘だと思っている。時間をかけたからという理由で質の良い成果物を作れた、というケースはこれまでの経験上ほとんど無い。むしろ、速いスピードで作ることができた成果物のほうがきれいに纏まっていて質の良いモノになっている、というケースが往々にしてある。ゾーンに入った結果、めちゃくちゃ集中して短期間で仕事を終わらせられる、というのもあったりするけれど。あと、質の良い仕事をする人は大抵、スピードもめちゃくちゃ速い。

あと、質と時間に関連する@t_wada氏の発表は良かったのでスライド貼っときます。
speakerdeck.com



最近発売されたラ王の二郎インスパイアを食べてみた。

f:id:xKxAxKx:20200121132839j:plain
f:id:xKxAxKx:20200121133614j:plain

これまで二郎インスパイア系のカップ麺を食べたことは何度かあるが、ことごとくダメで、これもそんなに期待していなかったんだけれど、思いの外ちゃんと二郎っぽかった。