2018年3月に聴いた音楽

遅くなったっつーか、もう4月も下旬だけど、2018年3月に新しく聴いた音楽。新譜旧譜色々。先月分はこちら

Cee Bee Beaumont/Pre Stressed

ガレージパンクに関しては安心安全のDamged Goodsから95年にリリースされたアルバム。インスト。2曲目の”Wormhole”っていう曲が完全にthee michelle gun elephantの”CISCO”。こっちの方がリリース早いっぽいから、元ネタなのかもしれない。

Pre-Stressed [Analog]

Pre-Stressed [Analog]


Wild Billy Childish & The Musicians of the British Empire/Thatcher's Children

ビリーチャイルディッシュの2008年の作品。この人関連については作品多すぎる&いつもおんなじような感じなので、初聴きかどうかもわからんけど。でまあ、伝統芸能のようなガレージパンクです。もちろんかっこいい。他の作品も続けて聴くと全部おんなじやん、ってなるけど。

Thatcher's Children

Thatcher's Children


Graham Day and The Gaolers/Triple Distilled

PRISONEERSの人がやっているモッドガレージバンド。PRISONEERSはメロディが良く、キャッチーで好きなのだが、この作品でもそのメロディの良さが生かされていると思った。ポールウェラーとか好きな人には良いのでは。

Triple Distilled

Triple Distilled


大象體操/角度

台湾のバンドなんだけれど、かっこよかった。ポストロック/マスロック好きな人はハマるはず。ボーカルの入っている曲もあるけど、基本インスト。バンド名は中国語で「ダーシィァンティツァォ」って読むらしく、国外向けにはElephant Gymって名乗ったりしているみたい。ていうか2014年に来日してんのなー。

角度 ~ 大象體操

角度 ~ 大象體操


大象體操/工作

上記のアルバムが良かったので、2016年リリースのEPも聴いた。こちらの方がミニマムでよりマスロック感が増していると思った。だけどキャッチー感はこちらの方があると思った。特に”春雨”っていう曲がおしゃれでポップ。

工作

工作


Anna Burch/Quit the Curse

女性SSWの1stなのかな?9曲と割とコンパクトなアルバム。パンチがあるわけではないんだけれど、普通に良い歌モノっていう感じだな。

Quit the Curse

Quit the Curse


集団行動/充分未来

相対性理論の真部氏と西浦氏がやっているバンドの2nd。今の相対性理論よりはやっぱり良い、っていうか真部氏の作る曲はほんと独特だよな。シンプルなんだけども耳に引っかかりまくるというか。メロディも言葉の選び方も立ちまくっているし。

充分未来

充分未来


Superorganism/Superorganism

こういうのって、インディーポップっていうんでしょうか。よくわかんないんだけれど、打ち込み系のサウンド。多いよなー、こういうのっていう感じだった。

SUPERORGANISM

SUPERORGANISM


V.A/Hey Mom! The Garage Is On My Foot, Vol. 1

タイトル見ればわかる通り、ガレージのコンピレーション。(多分)90’sのバンドばっかでヘッドコーツとかArmitage Shanksとか、そういう有名どころが多い感じ。”Vol. 1"ってあるから2以降もあんのかな、と思って調べたんだけど、どうやらこれしか出てないっぽい。そういうの多いよな。Damged Goodsからのリリース

Hey Mom! The Garage Is On My Foot

Hey Mom! The Garage Is On My Foot


The Rip Offs /Got a Record

ガレージ。ロックンロールっつーか、パンクですな。94年作。めちゃくちゃかっこいいです。

Got a Record

Got a Record


Holly Golightly/My First Holly Golightly Album

タイトル的にベストなんだろうか。どうなんだろ。どうやら元ヘッドコーティーズの人らしい。なのでガレージっぽいロックンロール。BPMが低めで全体的に渋くてかっこいい。kitty, daisy & lewisとか好きな人にもいいんじゃないかな。ジム・ジャームッシュの映画とかにも楽曲提供してたみたい

My First Holly Golightly Album

My First Holly Golightly Album


浅井健一&THE INTERCHANGE KILLS/Sugar

相変わらず多作。毎年毎年アルバム出してるよな。まあ、内容はベンジーって感じ。1曲目と2曲目が良かった。ベンジーに関しては音楽はともかくここ数年、歴史修正主義者っぽくなってるのがアレだよな、と思ってる。

Sugar

Sugar


Soccer Mommy/Clean

女性SWWのデビュー作なのだが、これがすこぶる良い。アコースティック寄りなインディーロックな感じなのだけれど、全体的に宅録感があふれている。”Last Girl”って曲がおれは好きかなー。

CLEAN [12 inch Analog]

CLEAN [12 inch Analog]


Wolf Alice/Visions of a Life

2ndアルバム、らしい。1stは聴いていない。1曲目聴いてシューゲイザーかなーって思ってたんだけど、普通にギターを鳴らしているインディーロックっぽい曲もあったり、ドリーミーポップな感じの曲もあったりと、色々と多彩。

Visions of a Life

Visions of a Life


The New Bomb Turks/Destroy-Oh-Boy!

音的にはガレージっぽいんだけど、どっちかっつーとハードコアかなー、とも思う。8ビートというよりも16ビート。

DESTROY-OH-BOY

DESTROY-OH-BOY


The Dirtbombs/Ulltraglide In Black

黒っぽいガレージかなーっと思ったんだけど、あんまり黒っぽさは感じなかった。まあまあ。

Ulltraglide In Black

Ulltraglide In Black


Lucie, Too/LUCKY

宇都宮のガールズバンド。ザ・ギターポップっていう感じで非常に良い。ギターの音もちょっと歪んでるくらいの、軽やかさで好き。homecommingsとか好きな人にオススメかもしれない。

LUCKY

LUCKY


Gulfer/Dog Bless

来日予定のGulferの新作。前のアルバムが良かったので、ライブ一本はみてみてーなー、と思っている。んで、今回の作品なのだが、前回とだいぶ変わったなー、と思った。前作はギターのキラキラとした絡みがあったんだけれど、今作はわりとハードコア寄りでマスロックっぽさも強い感じ。おれは前作の方が好きかなー。

dog bless [FOMR-0061]

dog bless [FOMR-0061]


サニーデイ・サービス/the CITY

新譜。リリースペースはえー。前作もそうだったけど、ヒップホップ感が非常に強い。オートチューンも使ったりしていて「最近感」みたいなのもある。おれはサニーデイ・サービスはあんまりそういうところは求めていたりしないんだけれど、これはサニーデイ・サービスにしか作れない作品だよなー、とも思う。

the CITY [ROSE-218X] [Analog]

the CITY [ROSE-218X] [Analog]


Pedro the Lion/It's Hard to Find a Friend

98年リリースの作品。知らないバンドだったんだけど、すげーいいな。歌心のあるインディーロックっていう感じだろーか。おれは聴いていてAmerican Analog Setっぽさを感じたかなー。あとWilcoとか、そういう、ちょっとフォーキーっつうかカントリーっぽさがあるような気がする。"Big Trucks"って曲がいい。

It's Hard to Find a Friend

It's Hard to Find a Friend


Anna McClellan/Yes and No

バンドなのかソロなのかちょっとわかんないけれど、いい感じに力の抜けたインディーロック。ちょっとカントリーっぽいところもあるかなー。Wilcoとか好きな人は好きかもしれない。

Yes and No

Yes and No


Lucy Dacus/Historian

女性ボーカルのインディーロック。普通。

HISTORIAN

HISTORIAN


rem time rem time/エピソード

八王子の歌モノ、インディーロック/エモバンドのフルレングス。とにかくメロディーがいいなー、って思った。ライブ見たこと無いので見てみたい。

エピソード

エピソード


XXXTENTACION/?

いちおう、ヒップホップ/ラッパーなのだが、ちょっとこれはそういうのに収まらないな。Blink182のトラヴィスとかも参加していて、めちゃくちゃバラエティー豊かというか、まあなんかとりあえず、すげーって感じです。もうちょっとちゃんと聴き込みたいと思う。

?

?


Three Man Cannon/Three Man Cannon

USインディーらしさがあり、ひねくれた感じが割りと好き。

Three Man Cannon [Analog]

Three Man Cannon [Analog]


Winona Forever/This Is Fine.

カナダのインディーバンドっぽい。AORに影響受けている、っていう記事を見たんだけれど、そうかな?って思ったが。

This Is Fine. [Explicit]

This Is Fine. [Explicit]


Thin Lips/Riff Hard

ジャケ見たらこれ完全にハードコアなんだけれど、女性ボーカルのインディーロック。けどハードコアっぽい要素もあって、特に2曲目とかがそんな感じでかっちょいい。

Riff Hard

Riff Hard


Closer/All This Will Be

逆にこっちは完全にハードコア。ジャケはそんな感じじゃないのに。ボーカルは同じく女性だが。激情っぽいかんじだなー。かっこいい。

All This Will Be [Analog]

All This Will Be [Analog]


The Ugly Ducklings/Somewhere Outside

66年のガレージパンクの作品。

Somewhere Outside [Analog]

Somewhere Outside [Analog]

Various Artists/You Got Your Punk in My Garage: The Best of the GaragePunk Hideout, Vol. 3

ガレージのコンピ。知らんバンドばっか。

You Got Your Punk in My Garage - The Best of the GaragePunk Hideout, Vol. 3

You Got Your Punk in My Garage - The Best of the GaragePunk Hideout, Vol. 3


Haley Heynderickx/I Need to Start a Garden

よかった。女性SSWのフォーキーな作品。mmmとかが好きな人はいいかもしれない。

I NEED TO START A GARDEN [LP] (TIGER'S EYE COLORED VINYL, DOWNLOAD) [Analog]

I NEED TO START A GARDEN [LP] (TIGER'S EYE COLORED VINYL, DOWNLOAD) [Analog]


Trace Mountains/Buttery Sprouts & Other Songs

ちょっとフォーキーな感じのインディーロックっすな。

Buttery Sprouts & Other Songs

Buttery Sprouts & Other Songs


Trace Mountains/A Partner to Lean on

インディーロック。なんか牧歌的な気がする。的外れかもしれないけどpavementっぽさもある。

Partner To Lean On [Analog]

Partner To Lean On [Analog]


Unlikely Friends/Crooked Numbers

インディーロックつーか、パワーポップ寄りな感じ。好き。

Crooked Numbers

Crooked Numbers


Tangled Hair/We Do What We Can

これはめっちゃ良かった!ポストロック的アプローチが強い感じの歌ものエモ。TTNGとか好きな人におすすめかな。

We Do What We Can

We Do What We Can


Tangled Hair/Two EPs

上のバンドの2015年リリース作。タイトル見る限り、2つのEPをコンパイルしたっていう感じだろうか。シカゴのポストロックっつーかキンセラファミリーっぽい感じの歌モノ。USかと思ってたんだけど、UKなんだな。

Two Eps

Two Eps


You Rest, You Joy Life/I Have Slipped the Surly Bonds of Earth... And Touched the Face of God

エモなんだけれど、音作りがなんか不思議な感じ。正直おれの好きな音の感じではないのだが...。タッピングでキラキラさせている曲もあれば、轟音で押すインスト曲もありって感じ。

I Think They Call This Uncertainty

I Think They Call This Uncertainty