ジャレド・ダイアモンド『銃・病原菌・鉄』

読もう読もうと思っていたんだけど、やっと読んだ。

銃・病原菌・鉄 上下巻セット

銃・病原菌・鉄 上下巻セット

大まかな話の流れはイラストでわかる『銃・病原菌・鉄』 - orangestarの雑記で掴んでいたんだけれど、この記事を読んでいたおかげで、理解を進めることが出来たのでは、と思っている。超要約すると、世界において格差が生まれている原因は環境の違い(気候、土壌、東西/南北に隣接する地域、生息する野生動物)に起因し、そして優位に立てるような環境にたまたま白人がいた、という話なのだが、面白く読むことができた。また、人類史だけではなく、もっとミクロな観点、例えば日本内における地域間格差とか、そういったことにも通ずるものがあると感じた。