東京ドームでμ'sのライブを見てきた

μ'sの歌とダンスをやらしたら一番うまい、というか一番μ'sっぽくやれる集団、μ'sのライブが東京ドームでやっていたので行ってきた。一応、書いておくと、μ'sというのはラブライブ!というアニメに出てくる劇中のアイドルで、声優の人たちがそのアイドルに扮してライブをやっています。わかんない人はこの文章を読んでいる機械で検索してください。東京ドーム公演は2日あって、その2日目。ファイナルライブ、と銘打っているので、これが最後のワンマン、と思われる。μ'sとしての活動は一区切り。つまり、ラストライブ、と受け取っても良いのだろう。おれは前回のワンマンライブもファンミーティングも今回のワンマンも先行抽選やら一般抽選やら、さらにはあろうことかライブビューイングまで全て落選し、くたばれイープラスと思っていたのだが、最後の最後で機材開放席に当たった。生きろ、イープラス。よみがえれ、イープラス。ド平日だし、年度始まりだったのだが、仕事は頑張って、というか、めちゃくちゃ無理矢理に午後半休をねじ込んだ。

東京ドームでのライブというのは何年か前にローリングストーンズの来日公演を見に行った以来だ。野球ではよく行くけど。会場に着いたらラブライバーがたくさんいた。コスプレしている女の子もたくさんいて、にこにーの人が多かった。おれの席は二階だったのだが、いざライブが始まったら、ステージすげー遠くて誰が誰だかわからんかった。ステージの後ろに映っているモニターをたよりにして、ああ、あれがえみつんか、あれがシカコか、などと思ったりする。うっちーはことりちゃんだった。南條さんはちっちゃかった。みもりんは遠くから見ても可愛かった。そらまるはなぜだか色々な意味でイケメンだな、と思った。曲はなんか色々たくさんやってくれた。"PSYCHIC FIRE"と"angelic angel"とアンコールでやった最後の曲の"僕たちは一つの光"がすごく良かった。5時間ちょっとくらい歌って踊ってショートバージョン含めてトータル40曲くらいやっててすごい。お疲れ様でした。お疲れ様でした。お疲れ様でした。ありがとうごさいました。

そんで、帰りは電車に乗ったんだけど、帰宅途中の京王線が人身事故で止まってしまった。もしかしたら、人生に絶望したラブライバーが飛び込んでしまったのだろうか。劇場版で言っていた「きっと飛べるよ」という台詞や、"MOMENT RING"の「飛べたんだ」という歌詞はそういう意味ではないだろう。んで、なんとか笹塚まで行けたのだが、そこから電車がビタイチ動かなくなってしまい、仕方なく駅を降りて、居酒屋に入って、ひとりで酒を飲みながら今これを書いています。本当はパソコンからじっくり書こうと思ったんだけど、まあいいや。もうすぐ電池が切れそうなので、これで終わり。

良かったー。