読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dogs On Acid『Dogs On Acid』が思ってたよりもずっと良かった

音楽

Algernon Cadwallader、Snowingのメンバーによって結成されたバンドの1stアルバムを聴いた。このメンツでバンドやるということは、キラキラなエモ/インディーロックを期待してしまうのだけれど、割と歌モノなインディーロック、もっというとパワーポップっぽい音楽。リリース前に試聴した時には少しがっかりしたというか「思ってたのと違う」と感じてしまった。とはいえ、アルジャーノンもsnowingも大好きなバンドだし、そのメンバーがやっているから、期待せざるは得ないものがあるので、結局レコードで購入した。それから家で何度かリピートしたんだけれど、聴けば聴くほど「これは…いいものだ…」と思えるようになった。メンバーが過去にやっていたような音楽にあるキラキラしたサウンドでは無い。けれど、少し土臭い音楽の中にある青臭さや瑞々しさみたいなのは感じられる。音的に言うと90年代のグランジやインディーロックやギターロック、もっと言うとWeezerを髣髴とさせる。そこらへんの音楽が好きな人は絶対に好きだと思う。アルジャーノンやsnowingみたいなインパクトやパンチがあるわけでは無いんだけれど、スルメ感はかなりあると思うし、何よりもメロディがすごく良い。一つ残念なのは僕はLPで買ったのだけれど、ダウンロードコードが付いていなかったんだよなー。ただ、Apple Musicにはあったので、出先ではそれで聴いています。


Dogs on Acid

Dogs on Acid