読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『心が叫びたがってるんだ』を観た

 観た。ネタバレあり。

 『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』のスタッフ(長井龍雪とか岡田麿里とか)が再集結して作ったアニメ映画っすね。巷ではこの映画のことを「ここさけ」と略すそうだけれどもなんとなく「ここに酒があるから飲んでいいですよ」みたいに捉えてしまうのでなんだか嫌だなあと思っている。あと『あの花〜』のTVアニメは全体的に好きだったんだけれど、最終話あたりがなんかやたらと芝居がかっていて、それはフィクションだからいいのかもしれないけれど個人的にはあんまり受け付けられなかったタチです。映画版は観ていない。長井&岡田コンビだと『とらドラ!』は好きだった。

 ザックリ言うと青春物語。玉子の呪い*1により言葉を発することができなくなってしまった成瀬淳という女の子が、恋をしたり仲間たちとなんやかんやすることで喋ることができるようになる、みたいな。実は玉子の呪いなんてものは無くて順の自己防衛でしかない、というのは何となく予想できた。ていうか、アレだよな。順が可愛かった。ストーリー自体にはそれほどのめり込まなかった。綺麗にまとまってはいるんだけれど、起伏があんまりなかったりする。ただ、順が可愛かったというか、小動物ぽくて何とも愛でたい感じだったので、良かった(?)です。あらすじとかを読んでみて興味ねーなーって思った萌豚も観ればよいと思いますよ。水瀬いのりさんの演技も良かったと思うし。

 ただ、見ていて個人的にモヤッとしたことがあって。モヤッというかなんと言うか。順が坂上にフラれるのは別にいいと思う。それもまた青春っぽくて良い。田崎とくっつくフラグはこれいらないだろう、蛇足だろうと思った。田崎って誰やねん、て映画観ていない人には分からんと思いますけれど、そういう主要な登場人物がいるんです。体育会系な感じの。納得いかないとかそういうわけじゃないけど。コレ自分で書いててすげー気持ち悪いなーと思うんだけれどなんとも言えない若干のNTR感を感じてしまった。いや、別にNTRでも何でもないんだけれど。そして何故そう感じるのかは自分でもわからん。しかし、書いていて自分でもあまりにも気持ち悪いなーと思うので、増田に書こうかと思ったけれど、まあいいや。

*1:なんのこっちゃって感じだけれど、映画見ればわかる