最近聴いたりした音楽

タイトル以上でも以下でもありません。最近、あんまり音楽の話を日記で書いていないけれど、ちゃんと聴いています。ちゃんと、ってなんだよ。

Drake『If You're Reading This It's Too Late』

If You're Reading This It's Too Late [Explicit]

If You're Reading This It's Too Late [Explicit]

ヒップホップ。買ったばかりであんまり聴きこんでいないのだけれど、良いと思う。ドープな感じなんだけれど、フロウが結構いい感じにルーズ。アンバランスな感じではあるのだけれど、その感じが逆に良いというか。


Weekend Nachos『Unforgivable』

Unforgivable

Unforgivable

パワーバイオレンス。2009年リリースなので結構前だな。2ndアルバム。ブルータルかつファストでマジで最高。デスメタルグラインドコアからの影響も感じさせるような雑食感があって、そこが非常に素晴らしいっす。絶妙に緩急つけた展開も最高。今月から来月にかけて来日するから行きたい。


空気公団『こんにちは、はじまり』

こんにちは、はじまり。

こんにちは、はじまり。

空気公団の良いところの一つって絶妙にルーズでゆるいところがあるんだけれど、このアルバムもそのゆるさが炸裂しつつも、カッチリしているところはカッチリしている。"はじまり"の冒頭のノイジーなギターにははっとさせられたりもする。なんとなくだけれど、ちょっとポストロック的アプローチが増えた気がする。


Ekkaia『Demasiado Tarde Para Pedir Perdon』

スペインのバンド。パワーバイオレンスなんだけれど、なぜだかシンフォニックさを感じさせるようなリフがあるような曲もある。なんとなく2010年以降の激情系っぽさも感じさせる。ただ、なんだろうなー。ハードコアバンド特有の泥臭さ、みたいなのがあんまりなくて、そこの部分が少し残念な気がする。


Hierophant『Peste』

Peste

Peste

これまたパワーバイオレンス。これはカッコいい。Weekend Nachosと同様にメタルやグラインドコアなど色々な音楽を飲み込んだ雑食性が非常に好み。緩急をつけつつも、突き抜けるような疾走感が聴いていて気持ちいい。イタリアのバンドらしい。


Hellnation『Fucked Up Mess』

Fucked Up Mess

Fucked Up Mess

またパワーバイオレンス。これ系ばっか聞いているな。まあいいや。このアルバムは音のチープさがすげえいい。んで、もうなんつーかハードコア一辺倒な感じ。もちろん、現代のバンドなのでメタルっぽいリフとかもあったりするんだけれど、基本的に男臭くて、汗臭いハードコア。畳み掛けるような曲が多くて、これもまた良い。


Flipper's Guitar『DOCTOR HEAD'S WORLD TOWER -ヘッド博士の世界塔-』

ヘッド博士の世界塔

ヘッド博士の世界塔

実は今まで恥ずかしながら聴いたことなかったんだけれど、すごいね。これ。フリッパーズって『カメラトーク』しか聴いたことなかったんだけれど、これ聴いてこのバンドが持て囃される理由や語りつづけられるがすげー分かった。サンプリングの嵐。完成度がホントハンパねー。


来週、敬愛してやまないModest Mouseの新譜がリリースされるので楽しみ。