キンセラファミリーとその周辺まとめ

※個人的なメモ

アメリカはシカゴにキンセラ兄弟というのがおりまして。彼らは音楽家なのですが、それはそれは常人ではやれないような音楽をやっていて、俺はその兄弟、及びその周りの人々がやっている音楽に非常に影響を受けていまして、敬愛してやまないのですよ。けど、この兄弟とその周辺はバンドやらプロジェクトやらその他なんやかんややって、だれがどこで何をやっていたのかがイマイチ分からんなーってことで、ちょっと調べて纏めてみた。まちがってたらごめん。

Cap'n Jazz

Analphabetapolothology

全てはここから。メンバーはvo:Tim Kinsella(兄)、dr:Mike Kinsella(弟)、ba:Sam Zurick、gt:Victor Villarreal、gt:Davey von Bohlenの5人。1989年結成、1995年解散。2010年にリユニオンしている。音はやはり最高にカッコイイ。そして何よりも青い。彼らがいなければポストロックやエモというのは現在のような音楽ではなかったと言っても過言ではないと思う。


Joan of Arc

Live in Chicago 1999

キンセラ兄弟がCap'n Jazz以後に結成し、今も活動し続けるバンド。Mike(弟)はすでに脱退していて、今はTimしかいないんだけれど、今でも積極的に活動している。アルバムもそれなりの頻度でリリースするし、何気に来日している回数も相当多いと思う。けど、一回も観たことないんだよなあ。音は少し変態っぽいポストロック/エモ。


Owls

Two

キンセラ兄弟がメンバーに名を連ねる、ド変態バンド。多分Joan Of Arcじゃ出来ないような感じの音をやりたかったのかな?と個人的には思う。JOAに比べると変態度が相当濃くなっている。2001年に1stアルバムがリリースされた後は音沙汰が無かったんだけれど、今年になって2ndアルバムがリリースされた。1stの方が「濃い」かなあ、と思う。


Owen

Owen

Mike Kinsellaのソロユニット。変態度少なめっていうか、別に変態度はあんまり無い。マイク(弟)のほうはティム(兄)よりだいぶマトモというか、すごくグッドメロディで優しい音楽をやるよなあ、とOwenを聴いていつも思う。音色が優しくも、複雑だったりもする。


American Football

American Football-Deluxe-

Mike KisellaがGt/Voを務めるポストロックアプローチが非常に強い歌モノ。このバンドは大好きで、大学生の頃とか死ぬほど聴きまくった。ポストロックにハマったきっかけの一つでもあるので、非常に思い入れがあるバンド。1997年に結成。2000年に解散してしばらく経っていたんだけれど、2014年の今年、奇跡のリユニオン。メンバーは少し変わっているみたいだけれど。来日しないかな。


Make Believe

Of Course

Tim Kinsella(変態な方)がボーカルを務める、キンセラファミリーでも屈指の変態バンド。Owlsに近いと言えば近い。ギターを務めるのはCap'n JazzのSam Zurick。そして、ドラムはTimとMikeの従兄でもあるNate Kinsella。マジでこの一族はどうなっているんだ。んで、知らんうちにTimは脱退していた。今も活動してるっぽいけれど、Tim脱退以後はアルバムリリースしてないよなあ。


Their/They're/There

THEIR/THEY’RE/THERE

Mike Kisellaがドラムを務めるバンド。現代的且つシカゴらしさが溢れているアクロバティックなギターがキラキラとしつつも複雑でエモーショナルな楽曲がスゲーカッコいいっす。MikeのドラムもCap'n Jazzを思わせるドタバタっぷりで素晴らしい。今のとこMike Kinsella関連では最新のバンドかな?


The Promise Ring

Woodwater

Cap'n JazzのDavey von Bohleがギターボーカル。1995年に結成。解散したり、再結成したり、いろいろやっているけれど、現在はパーマネントでは活動していない模様。真っすぐでまっとうで気持ちいい。


Maritime

We the Vehicles

Cap'n Jazz、The Promise RingのDavey von Bohleがギターボーカル。(多分)今も活動していて、いつだったかJimmy Eat Worldと一緒に来日していた。The Promise Ringと同じくまっすぐなサウンド。


Ghosts And Vodka

Addicts & Drunks

Cap'n JazzのVictor VillarealとSam Zurickが参加。peleやToe、MIRRORみたいなエモ系なポストロックの元祖と言っても良いんじゃないでしょうか。すげえカッコいいんだけれど、CDの録音状況がマジで最悪すぎる。



★★★★★


以下のバンド、プロジェクトもキンセラファミリーとその周辺なんだけれど、個人的にあんまり詳しく知らないので、さらっと書くことにする。

Birthmark

キンセラ兄弟の従兄、Nateのソロプロジェクトらしいっす。


Friend/Enemy

TimとJoan Of ArcのTodd Matteiが参加するバンド。


The One Up Downstairs

American Footballの前身のようなバンド。というか、メンバー4人中の3人がアメフト。なので、Mikeが参加。初めて聴いたけれど、めちゃくちゃいいなコレ。


The Sky Corvair

Timがメンバーに名を連ねて、しかもBraid(!!)のメンバーも参加しているというプロジェクト。


Everyoned

Timがギタリストを務めるバンド。Joan of ArcのBen Vidaも参加。ちょっと音源が見つからなかった。


★★★★★


以上です。多分、絶対何か抜けているよなあ。Timはバンドやりすぎだろう。。。