【今日の通勤音楽】AS MEIAS『AS MEIAS II』

AS MEIAS II


今日はコレ。Blue Beard、There Is A Light That Never Goes Out、Kularaのそれぞれの元メンバーで結成された、エモ/ハードコアのオールスターのようなバンド、AS MEIASの2010年作。久しぶりに聴いたんだけれど、やっぱりすげえわコレ。高橋氏の伸びのある日本人離れした歌唱により奏でられるメロディは極めてポップで聴きやすいし、バンドサウンドとしてもとてもとっつきやすい感じがある。が、超変態的なポリリズムプログレッシブな楽曲はアンダーグランドミュージックなどを好む人にもしっかりと訴えかける。高橋氏は「マニアのための音楽はやりたくないけれど、マニアにもしっかり訴えかける音楽をやりたい」的な発言を何度もインタビューで答えていたけれど、確かにその通りの音楽になっている。AS MEIASの音楽は誰が聴いても「カッコイイ」と思える音楽だと思う。JIMMY EAT WORLDなんかの王道的なエモが好きな人にもオススメ。

AS MEIASは解散してしまったのだけれど、何度もライブは観た事がある。今となってはもっと行っておけばよかったなあ、と思う。ラストライブも行きたかったー。Gtの魚頭氏とBaの羽田氏はBalloonsのDr藤本兄貴とOSRUMという新バンドをやっているらしいんだけれど、ライブも観たことないし、音も聴いたこと無いんだけれど、当然カッコいいんだろうな。まあ、いつか観る機会が来るだろう。