読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットでどこまで発言OKなのか?って話

http://www.flickr.com/photos/61117036@N00/39817884
photo by blakeemrys


基本的にウチのブログでは書きたい事を書いているし、それなりの放言もあるし、他人をDISすることもあるわけだけれど、一応個人的なルールというか、曖昧ではあるのだけれどもある程度のラインはある。まあ、調子こいてそのルールを破ってしまうこともたまにあるが。んで、それはTwitterでも同じ。Twitterはアカウントを2つ持っていて、1つはプライベートというか現実の俺と紐付いているアカウント。もうひとつはこのブログと紐付いているアカウント。一応、両方のアカウントとも発言する際はそれなりに注意はしている。

発言、という意味ではブコメも同じだ。瞬発力がないのでクソつまらんブコメしか書けないけれど。あ、そういえば昨日、blackなんちゃらっつーアカウントがブコメでヘイトを撒き散らしまくっているのを見たが、、、まあ、いいや。とにかく、ブコメに関してもブログの記事やらTwitterでの発言やらと同様にそれなりに気を付ける。これは言いたいけど、あかんやろうなーと思うと「(自粛)」とかしたりする。

なんでそんなメンドクセーことするかというと、やはりある程度「見られている、読まれている」という意識があるから。別に誰にも読まれてない、見られていないならいい。そうであれば、心の中で思っている事を曝け出すことだってできる。以下のように。

「死ね(直球)」
「脳ミソ湧いたキ○ガイ」
「生きる価値がwww1mmも無いwww」
「親の育て方が悪い(真顔)」
「回線切って、LANケーブルで首吊ってこい」*1

他にも色々と罵詈雑言はあるけれど、比較的マイルドな感じのやつを抽出。こんな感じのことはしょっちゅう思っていたりするし、ブログ/ブコメ/Twitterで書こうと思えば書ける。差別的な発言をすることだって、少しのタイピングとクリックで簡単にできる。だけど、そういう発言をしないのは先ほども述べたように「誰かに見られている」という事に起因する、自分なりのルールがあるから。そのルールを守るのは別に炎上が嫌だからとか、そーいうわけじゃない。いや、炎上は嫌だけど。それよりも自分なりの倫理観は欠如したくないと思っているから。ただ、それだけ。



最近、そういった倫理観も自分ルールも何も持ち合わせていない人たちが少なからずいる。イケダハヤトは好きじゃないけれど、あの人はあの人なりにそれなりのルールや倫理観を持ち合わせていると思うんだわ。だけど、そういう炎上芸人以下の人がいる。その上、責任感だって無い。(おそらく)天然でやっている分、下手な釣り師よりもタチが悪い。インターネットで遊ぶなら遊ぶでそれなりのモノは持っておこうや、と思う。月並みだけど、思っててもいいが、言っていいことと悪いことはやっぱり、ある。



想像力が足りなさすぎる。理解も足りない。気遣いも足りない。自己中心と利己主義を履き違えるな。



★★★



あやうく「死ね」というブコメを書きそうになってしまったので、この記事を書いた。


↓おいときますね。

ラングスジャパン(RANGS) ホーネット (色は選択できません)

ラングスジャパン(RANGS) ホーネット (色は選択できません)

*1:懐かしい