ロック好きの好きな日本語ラップ

http://www.flickr.com/photos/30854583@N07/4299962030
photo by seldamn


日本語ラップの「ダサさ」に関する覚書 - あざなえるなわのごとし

所詮ヒップホップ/ラップミュージックも輸入モノなので、ロックと同じく日本語でやろうとするとダサイ、というより違和感みたいなものは生まれてくる。その違和感を逆にカッコよく見せるか、よりダサくするかはその人のスキルによる。また、これは日本語に限らず、スペイン語だったり、イタリア語でも同じで、英語以外の言語でラップしているとどーしても違和感というのはでてくる。これはもう、どーしようもないことなのではないでしょうか。とはいえ、俺も日本のヒップホップはそれほどディープに聴いているわけじゃないけれど、それなりに聴く。聴くってことはカッコいいと思っているから。わざわざダサい音楽聴いてやるほど時間が有り余っているわけじゃない。



やはり、ロック、パンク畑だった人間(俺含む)がヒップホップを聴きだすきっかけの多くがTHA BLUE HERBだろう。ZeebraとかK DUB SHINEみたいなのはガチ過ぎて逆にダサいという固定観念がある中で聴いたブルーハーブはやはり衝撃的だった。また、ブルーハーブはヒップホップの枠だけじゃなく、以前AIR JAMにも出演したようにロック/パンクのバンドとも親和性がある。ライブもたまに見に行くのだけど、毎度毎度素晴らしいライブ。



THA BLUE HERBの次に「こいつらスゲェ!!」って思ったのが降神志人となのるなもないの二人によるユニットだけれど、この二人のラップは巧みすぎて、度肝を抜かれた。特に"ロックスターの悲劇"における、以下の一節の志人のラップは素晴らしい。

ドリルでだな、こう、深く、深く、不覚にも心に触れる、奮える、震える大地
第一、 何が言いてーか テーマなんてねーな
警ら隊 平和 べらぼうに儲けてねーな
ヘラヘララッパー撲滅
Let’s 蹴り飛ばすオケツ
Let’s 蹴り飛ばすオケツ


なのるのラップはソロ作品の方が磨きがかかっていると思うので、個人的にはこちらの方が好み。



最近では仙人掌も良く聴いている。昨年、リリースされた"Be In One's Element"は良いアルバムだった。また、彼と同じクルーに属するISSUGIの作品も昨年リリースされたけれど、そちらも聴いたりしている。




★★★



と、ここまでは所謂アングラ寄りのヒップホップだけれど、もっとメジャー寄り、サブカル寄りな「ユルい」ヒップホップ/ラップもそれはそれで好きなわけで。
HALCALIとか。



RIP SLYMEとか。


当然、スチャダラパーも大好きだ。




他にも好きな日本語ラップは沢山ある。んで、ここに挙げた人たちは俺のセンスでは別にダサくは無いとは思う。思うに「日本語ラップってダサい」と思う人たちは音楽における言葉の意味性を重視し過ぎなんじゃないかなあと。あざなわさんも書いているが、音楽において「言葉の音<言葉の意味」になってしまうと、途端にダサくなる、というのは言えていると思う。日本語ラップ・ヒップホップも歌詞は歌詞で重要だが、それよりも「言葉の音>言葉の意味」となっている楽曲は何だかカッコいい。まあ、ブルーハーブスチャダラパーは前者ですが、それはそれで。スチャダラパーに関してはそのダサさが逆に良いという良く分からんことになっています。



曖昧なまま終了。