関西出身の人が東京の飯についてなんか言う

本の虫: 東京は住みにくい

東京に来てまず気がついたのは、メシのまずさだ。どの飯屋に入っても、京都より数百円高い上に、クソまずい。私は未だに、東京でまともなメシ屋を発見したことがない。それは、何万円も払うような店ならば、少しは違うのかも知れないが、私はそんなごちそうを食べたいのではない。普通のメシを普通の値段で食べたいのだ。東京の飯屋は、800円や1000円も取る割に、どうやったらこんなにまずく作れるのだと疑問に思うほどまずいメシしか出てこない。

燃えたくて仕方がない自殺願望者がいると聞いたので。これだけ燃やして欲しいオーラ出しまくっていると、そうかー、仕方ないなー、ってことで何か書いてみたくなる性分。

彼は京都出身だが、俺も同じく関西出身の東京在住。関西のどことは言わないが、まあ、このブログ読んでいる人なら大体どこらへんか分かるだろう。

ま、それは置いといて。特に東京の飯がまずいなあ、って思ったことはない。高いかもしれないが、別にそんな噛み付くほどでもないだろう。何より、東京でしか食べられないものもたくさんある。

今でこそ二郎のインスパイア系は日本中にあるけど、昔は関東にしかなかったし、蒙古タンメン中本も今のところ東京にしかない。その他にも数え切れないくらい、東京でしか食べれないものもあるし、美味いものもたくさんある。神保町のキッチン南海なんてアホみたいに美味いぞ。



一方で地元のアレ食べたいなぁ、けど東京にはアレ無いしなぁ、と思うことはよくある。けど、それは仕方ないし、文句言ってもどーしよーもならん。

むしろ、どこもかしこも同じよーな店、同じような味が乱立していたらそれはそれで気持ち悪くないか?グローバリゼーション、ではないが、それぞれの土地にそれぞれの歴史や成り立ちがあるこそ、その土地の食文化とか味になっているんだろうし、どこでも京都と同じ味だったらそれはおかしい。あと、関西の味がいざ東京に進出するとそれはそれでさみしいものである。ウチラの味だったのに全国区になってもーたー、みたいな。



まー、地元の味が好きなのは当然。俺もそういうところはある。うどんとかも関西の方が好きだ。けど、それはどーこー言っても仕方ないし、関西だけにしかないから、地元にしかないからイイっていう面も無くはないだろう。

その上で文句言うなら自分で作れっつーの。東京のスーパーでも探せばうすくち醤油くらい売っとるっちゅーねん。



ただ、東京の水はクソまずい。これは間違いない。