街の本屋も良いものだ

街の本屋を再び盛り上げるには - 雑考の音

街の本屋が次々と潰れているらしい。

だそうです。って何年前から言われているんだ。まあ、俺は本は未だに紙で読むことが多いし、本屋で買うこともそれなりに多い。とはいえ、Amazonの利用も多いし、本屋で買うと言っても、紀伊国屋とかジュンク堂とかそーいう大型書店が多い。


Amazonと本屋で一番違うのは予想外の出会いとか発見があることだろう。基本的Amazonだと能動的に目的を持って本を買うことが多い。当然、たまたまお勧めされてて「おもしろそうだなー」って本をポチったこともあるけれど、基本的には前々から欲しいと思っていた本をポチる。けど、本屋の場合だと目的も無くフラっと立ち寄って「あ、おもしろそう」と感じて本を買うことが多い。そんな予想外の出会いがある本屋は素敵だ。

特にちょっとサブカル寄りだったり、普通の本屋にはあんまり置かれていないような本が置かれていている本屋が良い。んで、ちゃんと店側のこだわりでセレクトされているいうか「これを読んでほしい」という想いが溢れている方が良いな、と思う。「そこまで言うなら読んでやるか」っつって買わせてくれるような本屋。レコード屋に近いと言えばいいんだろーか。

そんな本屋はあるのだろうか?ええ、あるんです!
そんなわけで、そんな感じのステキ本屋を3店舗くらい紹介~。

B&B(下北沢)

B&B
f:id:xKxAxKx:20120903162944j:plain

もう結構、有名だろう。漫画から評論、人文系や各種小説が店主のこだわりでチョイスされている。落ち着く空間も良い。んで、ここの本屋で特筆すべきことは
店内でビールを飲みながら、イスやソファーに座って、店内の本を読むことができること。ここの本屋ではビニールカバーとかされていないので買わなくても読める。俺も買わずにビール飲んで時間つぶしたことがある。本のチョイスも良く、企画として「○○の本棚」っつって誰か有名人/著名人がチョイスした本を販売する企画もやったりしている。荒木飛呂彦氏チョイスもあったなあ。あと、店内で定期的にトークイベントなども開催されている。


百年(吉祥寺)

吉祥寺「百年」古本の買取と販売
f:id:xKxAxKx:20140121154150j:plain

吉祥寺のマンションの一室に構える本屋。B&B比べたらこじんまりした店内だけれど、ちょっとギャラリーっぽい雰囲気はとても落ち着く。ここは古本も扱っている、というか古本がメインの本屋。あと、B&Bよりも自主制作の本が多く売られている印象。


バサラブックス(吉祥寺)

BASARA BOOKS
f:id:xKxAxKx:20091004161154j:plain

もう一店舗、吉祥寺から。百年やB&Bも広くはないが、ここはさらに狭い。んで、その狭い空間に色々と「濃い」空気が流れている。サブカル好きならここに行っとくのがいいかも。サブカルマンガやアングラ/ビート/アナーキーな文学や各種本を取り扱っている。ついでに何故かTENGAやコンドームやローターも売っている。ヴィレッジヴァンガードに飽きたら行ってみるといいんじゃないだろうか。本屋界のみうらじゅんのような存在。



以上。他にもコーヒーが店内で飲める、ダーウィンルーム (下北沢)も面白い。ガケ書房(京都)には一度行ってみたいなあ、とずっと思っている。これからの時代、やっぱ何かしらの差異を見せていかないとお客さんは来ないよなあ。ただ売っているだけじゃあ、ネットの通販に勝つことはできないだろう。