読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノイズを含めて、インターネットって面白い

読んだ。

ネットでウソをまき散らすなら責任を持て - あざなえるなわのごとし

誰しもが高リテラシーでキチンと読みこんでいる訳じゃない。だからこそ自分が書く情報に対して責任を感じるならその情報に対して責任を持つ。
それをやらずに無責任に紛らわしい空想・創作やデマを載せるならそのブログに書いてあること、その管理人のいうことは何一つ信用に値しない。
その管理人は自由だけを見て、責任を考えないから。
ネタにマジレスするのはマジレスする方が悪い、格好悪い。
まぁ、別に格好悪くてもいいけれど、だからって「騙される方が悪いに決まってんだろボケ」と言う態度は...まぁ、言いたきゃ言えばいいけれど、オレは好きじゃない。

まあ、その通りだなー、と。何かを発信する側はその発信の内容について責任を負うべきだし、俺も「騙される方が悪い」なんて言えるよーな人間にはなりたくない。


一方こちらも読んだ。

ネットリテラシーがあまりにも低いとさすがに危ないよって話 - ネットの海の渚にて

俺が言いたいのはあのレベルですっかり騙されてしまう人はあまりに危険だということだ。
ネットには貴方の個人情報や財産を虎視眈々と狙っている輩が存在している。
当該ブログを不親切であると糾弾するのは自由だがその前に自分のリテラシーの低さを自覚して自己防衛しないといつの日か大きな痛手を負うかも知れない。

こちらの意見についても同意。
あの程度の事で騙されたりしている人を見ると「なんだかなー」と思ってしまうこともある。
いや、騙す奴が悪いのは当然なんだけれどさ、程度ってもんがあるだろーと。


ウチはどっちつかずがウリのブログなので「騙す奴が一番悪いのは当然だ。炎上したり叩かれても自業自得。責任は当人が取るべき。だが、騙される奴も全く問題がないかといえばそーとも言い切れない」というスタンス。

インターネットが清廉潔白だとつまらない

そーいうスタンスを表明した上で書くけれど、インターネットが真っ白でフィクションはフィクションである、嘘は嘘であるとと明言された上で書かれたりしているのもそれはそれでつまらないなー、って思ってしまう。
エロサイトでサムネイルの動画を見るために延々とリンクを巡る旅をして最終的にカリビアンドットコムに辿り着いたのも良い思い出だし、虚構新聞に騙された事もあるし、twitterで釣られたこともある。
そーいうのに引っ掛かったりした時はマジでムカつく。
んが、そーいう時があるからこそインターネットっておもしれーなー、って思う。

あー、これは言葉にするのは難しいんだけどなー。
なんつーか、インターネットの文化?っていうんだろーか。
悪い奴もいて良い奴もいて、騙したり騙されたり、けなしたりけなされたり、褒めたり褒められたりみたいなのがごちゃまぜになって、一種のカオスな状態になっているよーな、インターネットというのに対して俺は面白みを感じているのかもしれない。

普段の生活とかだと中々無いじゃないですか。
一つの言動で批判を受けまくったり、殴られたり、ちょっとしたことで騙されたりって。
そーいう、ちょっとヒリついた感じっつーんでしょーか?そういう部分がインターネットにはあって、だからこそおもしろいなー、って感じる。
また、何か一つの物事で真剣に議論をしたりとか、リアルじゃ言えないよーな事を表明したりとかすることもできる。
そういうインターネット文化を形成する要素の中に釣り記事とか悪質な嘘記事ってのも含まれると思うんだよなー。
そういうのは釣り記事とか、あとステマとかは好きじゃないが全く無くなってしまうのも、それはそれでつまらなくなるなーと思ったりしてしまう。
まあ、無くなんねーと思うんだけどさ。

例えばコレとか。
4chanの伝説のスレを和訳していく:キニ速
騙された方にはすげえ同情するし、騙した奴らひでえなって思うし、自分が騙される側に回ったと想像すると、ゾッとするけれど、やっぱおもしれーなー、って思ってしまう自分がいる。


もちろん詐欺は許されないし、釣り記事に関しても再三言うが、騙した方が悪いし、責任は被るべきだ。
また、書いていい事と悪いこともある。
誰もが高いリテラシーを持ち合わせてインターネットを歩いているわけじゃあない。
ネタにマジレスカッコ悪いとも思わん。
ネット上でも道徳や倫理観が大切なのは嫌という程知っている。

だが、そーゆー負の面だとか自分にとってのノイズが存在するネット文化が好きだというダブルスタンダード
まあ、リアル社会でもノイズがなかったら理想的ではあるけれどつまらないと思うんすわ。

ネットリテラシーは義務教育へ

ところで。
ウチラのような世代は何かしらでオンラインな生活をしているし、これからの子どももオンラインに切っても切れないような生活をしていくだろう、というのは容易に想像できる。
いろんなところで言われているけれど、やっぱネットリテラシー教育ってのは子どものウチからやっておくべきだと思うんだよなー。
まあ、もうやってるのかもしれないけどさ。