レコード屋が好きなのでステマ(?)をしてみる

身内ブクマに関するエントリで色々と意見、疑問を頂いた。
ありがとう。
反応してくれて、とてもうれしい。

だけど、一番うれしかったのはそのエントリをきっかけにで一ヶ月以上前に書いたレコードに関するエントリに反応してくれた人がいた事。

感想と言えるかどうかわかりませんが、 - ドキドキしちゃう

何よりも嬉しい。
ブログやっててよかったと思った。


ブログのコメント*1にも書いたけれど、大手以外の多くのレコード屋が瀕死状態だ。
大手のamazonでの販売やツタヤでのレンタル、その他デジタル音源などに押されて、潰れていくレコード屋が多い。
レコード屋の経営だけで生活し続けるのも結構キツいと思う。
中にはバイトしながら、レコード屋を経営している人もいるだろう。
だけど、何故彼らは頑にレコード屋をやり続けると思う?


音楽に対する愛があるからだ。


俺も音楽を愛してるけど、彼らのほうがずっとその愛は大きい。
もし、あなたが音楽好きならば、その愛を受け止めてあげて欲しい。
俺はレコード屋に育てられてきたし、普通に生活しているだけでは知らなかった、色んな音楽を知れたのも個人でレコード屋を経営してくれている、彼らがいたからだと思う。
インディーズからメジャーへ行ったバンド、アーティストも彼らが地道に「これいいよ」って支えてくれたからこそ 、今があったりする。

だから、amazonやタワレコでの買い物、TSUTAYAでのレンタルだけじゃなく、個人経営のレコード屋でも買い物して欲しい。
なぜなら、俺はこの国の音楽をまだ信じているから。
多くの人がそういう本当に良い音楽を届けてくれる店で買い物しだしたら、本当に良い音楽に巡り会う事ができたなら、この国の音楽シーンはもっとより良くなると思う。


そんなワケでインディペンデントで頑張っているレコード屋を少ないながら紹介する。
俺がよく買い物する所だ。
どの店も通販やっている。
もしかしたらamazonより値段が高いかもしれないし、送料もかかるかもしれない。
だけど、きっとamazonじゃ見つからない、よりよい音楽も届けてくれるはず。
そこから始まる新しい体験だってあるはず。


toosmell records
punk/HxCからヒップホップ、なんでもある。
歯の折れた店主が迎えてくれる。
WiennersというバンドのPVでもこの店が使用されている。


東京八王子インディーPUNK レコード・CD通販:センスレスレコード | Senseless Records
八王子、いや東京のインディーシーンを支え続けてきた店。
このレコード屋での売り上げがきっかけで人気が出たバンドも多い。


ガレージ・パンクとロックンロールの専門店、西新宿 「BARNHOMES RECORDS」のOn Line Storeです。
60年代の50年代のガレージパンクやロックンロールをメインに扱う店。
東京に来た当時、ガレージにハマっていた俺は狂ったようにこの店に通った。


INDIE/自主制作/ZINE...オルタナティブ・ミュージック・ストア=サンレインレコーズ
所謂「うたもの」系からUSインディー、ヒップホップまで、何でも揃っている。
「人とはちょっと違う音楽が聴きたいなぁ」と思っているそこのアナタ。
ジャストミートですよ。
ただし、今ちょっとお休み中。


ジャンルが偏ってしまったけど、上記四つのレコード屋で俺はよく買い物している。
ここで紹介したレコード屋以外に、色んなこだわりと誇りを持って運営されているレコード屋はたくさんある。

他にも色々とdistro*2をしている個人個人がいるからgoogleで検索してみて。
彼らはただ単純に良い音楽を届けたくて、それらを運営している。
金儲けも何も考えていない。


あと、願わくばCDではなくアナログを買ってくれればと思う。
これまでCDを聴いてきた人には、間違いなく新しい体験だから。
ブログを書くよりも何よりも、刺激的だと思う。


追記

大事な店を忘れていた。
日本一アンダーグラウンドなレコード店Modern Music&インディペンデント・レーベルPSF Records & 音楽雑誌G-Modern
ノイズ、アヴァンギャルド、アングラフォークetcなら絶対この店!

*1:酔っ払いながら書いたので、読み返すと少し恥ずかしい

*2:バンドやレーベルから音源を買い取って、個人のブログやECサイトで販売すること